ブログの名前とキャッチフレーズを変更する

ブログの名前
ブログの名前はブログのページにテキストのバナーとして表示されます。また、ブログが一般公開に設定されていれば、ココログの最近更新されたブログの一覧に同じ名前で表示されます。

ブログのサブタイトル(キャッチフレーズ)

ブログの説明またはブログのサブタイトル(キャッチフレーズ)として、ブログのタイトルのバナーの下に表示されます。


ブログの名前とサブタイトル(キャッチフレーズ)はいつでも変更できます。管理画面の「ブログ」のブログの一覧から「設定の変更」リンクをクリックして、ブログの基本情報を開き、「ブログの名前」と「サブタイトル(キャッチフレーズ)」を入力してください。

ブログの名前と(または)サブタイトル(キャッチフレーズ)を入力したら「変更を保存」をクリックしてください。保存したあとで、ブログを再構築する必要があります。「サイトに反映」をクリックしてブログを再構築します。すべてのファイルを「反映」したあとで、「サイトを確認」リンクをクリックすることで、ブログを確認できます。

テンプレートのスタイルを設定する」を参考にしてバナーに画像を使用している場合は、ここで設定するブログの名前とサブタイトル(キャッチフレーズ)の代わりに、指定した画像が表示されるます。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

ブログのフォルダの名前を変更する

ブログのフォルダの名前とは、ココログサーバー上にブログのファイルを収めるのに使用しているフォルダの名前です。このフォルダ名はブログのURLとしても使用されています。

管理画面のブログから変更したブログの「設定の変更」リンクをクリックしてください。ブログの基本情報が開きますので、ブログフォルダの名前を記入してください。

フォルダの名前を入力したら「変更を保存」をクリックしてください。保存終了後、「サイトに反映」ボタンが画面上部に現れますので、クリックしてサイトに変更を反映をさせます。すべてのファイルを反映した後で「サイトを確認」リンクをクリックすると新しいウインドウが開きます。そこでURLを確認することができます。

参考:ホームブログを設定する

重要:一度ブログを作成したら、フォルダの名前は変更しないことを推奨します。ブログの変更後にフォルダの名前を変更してしまうと、他のサイトや訪れてくれた人のブックマーク、自分でブログの記事に書いた自分の記事へリンクタグなどのリンクが切れてしまいます。画像をウェグログにアップロードしていたならば、画像へのリンクが切れてしまい表示できなくなります。この機能は、この機能が与える結果を理解した上で、なおかつフォルダの名前を変えることが重要だと考える利用者がいるのではないかと考えて提供しています。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

バックナンバーってなに?

バックナンバーは、ココログで過去に投稿した記事を表示するページのことです。ココログのバックナンバーは、投稿した日付ごと(日別、週別、月別)、または内容ごと(個別、カテゴリー別)に、過去の記事を表示できます。

参考:ブログのバックナンバーを設定する

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク | トラックバック

ブログのバックナンバーを設定する

バックナンバー設定とは、投稿した記事をページごと保管するページのことです。記事が作成されるのと同時にバックナンバーに保管されます。

バックナンバーの形式は、日付(日別、週別、月別)と内容(個別、カテゴリー)で表示できます:

日別
一日に短めの記事をたくさんするタイプのブログに適しています。
週別
長短さまざまな投稿を、一定の頻度で投稿するタイプのブログに適しています。1週間に15〜30本の記事がある場合に最適化されています。
月別
短めの記事が多いブログに適しています。ひと月に30〜50本の記事がある場合に最適です。
個別
長めのエッセイ形式の記事が多いブログに適しています。コメントを受け付ける設定にしている場合は必ず選択してください。
カテゴリー
テーマごとに記事を分類するカテゴリー機能を活用しているブログに適しています。

管理画面のブログからバックナンバー設定を変更したいブログの「設定の変更」リンクをクリックしてください。その次に設定タブからバックナンバー設定をクリックします。バックナンバー設定ページが開いたら、バックナンバーの形式を選択してください。

バックナンバーの形式を選択後、「変更を保存」ボタンをクリックしてください。変更が保存されたら「サイトに反映」ボタンをクリックして変更をサイトに反映させる必要があります。

注意:投稿した記事に対する閲覧者のコメントを許可してる場合は、個別のバックナンバーを選択する必要があります。

ブログのサイドバーにバックナンバーへのリンクを表示するには、「テンプレートの表示項目を設定する」を参考にしてください。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

ブログにカテゴリーを使用する

カテゴリーを使用することで、記事の保管や表示をよりわかりやすくすることができます。カテゴリーは使用しなくてもかまいません。

カテゴリーと一緒にブログのカテロゴリー別のバックナンバーを有効にしておくと便利です。カテゴリー別バックナンバーを有効にしておくには、「ブログのバックナンバーを設定する」を参照してください。

カテゴリーを記事に割り当てるには、「記事の作成画面について」を参照してください。

管理画面のブログから、カテゴリーの編集をしたいブログの「設定の変更」リンクをクリックしてください。次に設定タブのメニューから「カテゴリー設定」リンクをクリックしてください。

標準的なカテゴリー

新しくブログを作ったときのために、標準的なカテゴリーとして次のようなものが用意されています:
おすすめサイト
アニメ・コミック
ブログ・ココログ関連
ギャンブル
グルメ・クッキング
ゲーム
スポーツ
ニュース
パソコン・インターネット
ファッション・アクセサリ
ペット
住まい・インテリア
学問・資格
心と体
恋愛
携帯・デジカメ
文化・芸術
旅行・地域
日記・コラム・つぶやき
映画・テレビ
書籍・雑誌
経済・政治・国際
美容・コスメ
育児
芸能・アイドル
趣味
音楽

新規カテゴリー
カテゴリーにないような新しいカテゴリーを加えたい場合にはカスタムカテゴリーの入力欄にカテゴリー名を入力して「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

もし新規カテゴリーの名前を変更したいならば、新規カテゴリー欄にすでに入力されているカテゴリーの名前を新しいカスタムカテゴリーの名前で置き換えて「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

新規カテゴリーを削除するには、削除したいカスタムカテゴリーの右にある「削除」ボタンをクリックしてください。

新規カテゴリーは記事の新規投稿/記事の編集ページのカテゴリー選択のプルダウンメニューに表示されます。

同じように新規カテゴリーは新規投稿/記事の編集メニューのカテゴリー選択のプルダウンメニューからもカスタムカテゴリーを追加することができます。プルダウンメニューから、「新規カテゴリーを追加」を選択します。ポップアップメニューが表示されますので、追加したい新規カスタムカテゴリーの名前を入力して、
「追加」ボタンをクリックしてください。カテゴリーが保存された後に記事にいま追加した新規カテゴリーが割り当てられます。

ブログにカテゴリーを表示する

ベーシックテンプレート

ブログの表示の設定で、記事のフッターに割当られたカテゴリー名、またはブログのサイドバーにカテゴリー一覧を表示することができます。

管理画面でブログで、カテゴリーを表示したブログのショートカットから「デザインの編集」リンクをクリックしてください。「デザイン」タブで現在選択されているテンプレートセットの「コンテンツ」リンクをクリックしてください。

ブログのサイドバーにカテゴリー一覧を表示する

テンプレートセットの「カテゴリー」オプションを使って、カテゴリーを表示することができます。ただし、カテゴリーが記事に割り当てられていないものは表示されません。もし、ブログのバックナンバー設定でカテゴリー別のバックナンバーを有効にしているならば、カテゴリーの名前はそれぞれのカテゴリー別ページへのリンクになります。

「現在選択されているテンプレートセット」の「コンテンツ」リンクのサイドバーのコンテンツの「カテゴリーへのリンク」のチェックボックスを選択してページの下の「変更を保存」ボタンをクリックしてください。直ちにブログのサイドバーにカテゴリーの一覧が表示されます。

それぞれの記事のフッターにカテゴリー名を表示する

割り当てられたカテゴリーの名前を記事のフッターに表示することができます。

「デザイン>コンテンツ」 にある「ブログの記事」から「フッター」のチェックボックスを選択肢、プルダウンメニューからカテゴリーの含まれたフッター形式を選択します。選択後、「変更を保存」ボタンをクリックすると、ブログの記事のフッターにカテゴリーの名前が表示されます。

上級者向けテンプレート

上級者向けテンプレートではカテゴリータグを使用してブログにカテゴリーを表示することができます(上級者向けテンプレートではデザインタブの表示項目リンクを使うことができません)。

参考:上級者向けテンプレートってなに?

カテゴリーを変更する

記事の編集画面で、一度設定したカテゴリーを変更することができます。カテゴリーを編集し、記事編集画面で「保存」をしてください。新しく設定しなおしたカテゴリーを、バックナンバーのページ(個別ページやカテゴリーページなど)に反映させるには、「デザイン」タブの「デザインを選択」ページの左側の「現在選択されているテンプレートセット」欄の「反映」をクリックし、全ての記事の反映を行ってください。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

ブログの公開用設定

ブログの公開用設定を設定するには、ブログを更新するときについてのいくつかの質問に答えてください。

管理画面のブログから、設定したいブログの「設定の変更」リンクをクリックしてください。次に、設定タブから「公開用設定」リンクをクリックして「公開用設定」ページを開きます。

このブログに「更新通知」を設定しますか?

「更新通知」を「はい」に設定すると、
更新のたびにココログナビのトップページに自動的に掲載されるようになります。これらは多くの人の目に触れるページなので、あなたのブログへの訪問者数を増やし、新しい読者を獲得するよいチャンスとなるでしょう。逆に、不特定多数の人にこのブログの存在を知らせたくない場合は、「いいえ」を選択してください。

注意:「いいえ」を選択した場合でも、ブログが外部から見れなくなるわけではありません。ココログナビに掲載されなくなるだけです。

「更新通知」の「いいえ」を選択すると、
Googleや他の検索エンジンに索引を付けられるのを阻止するための記号がブログに加えられます。この記号を有効にするために、管理画面の「ブログ」の【デザイン】タブをクリックして現在選択されているテンプレートセットから「反映」ボタンをクリックしてください。

また「更新通知」を「いいえ」を選択すると、そのココログは「ココログ全文検索」「新着ココログ一覧」「ココフラッシュ」「更新順ココログ一覧(サイドバーコンテンツ)」には表示されなくなります。

注意:更新通知で「いいえ」に設定してもブログにパスワードによる保護がかけられる訳ではありません。パスワードによる保護は、「パスワード保護を設定する」を参考にして設定してください。

pingサーバーにこのブログの更新状況を通知しますか?

これは新規の記事を投稿したときに、他のウェブサイトに自動的に更新状況について知らせるということを意味します。pingサーバーを使うと、他のサイトの一覧に自分のブログが表示されるようになり、より多くのアクセスを稼げるようになるでしょう。これは、サイトを宣伝するためのとても良い方法なのですが、記事の保存に時間がかかる場合があります。時間がかかりすぎると感じるときは、この設定をオフにすると良いかもしれません。

更新情報の送信先としては、ココログ ping サーバ、weblogs.comを選ぶことができます。次にブログに記事を投稿したときから、選択されたサービスに対して更新情報が通知されます。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

連携設定について

連携設定をオンにすると(下で「はい」を選択)、「feed」と呼ばれるファイルが生成されるようになり、ニュースリーダーなどの特別な閲覧ソフトを使っている読者は、あなたのサイトの更新状況を一目で知ることができるようになります。

管理画面の「ウェグログ」から、連携設定を設定したいブログの「設定の変更」リンクをクリックします。【設定】タブが表示されたら、「公開用設定」をクリックします。

概要のみまたは、記事の全文を連携するかを選択します。ニュースリーダーやアグリゲーターと言ったソフトで記事の全文を読みたい読者も多くいます。もし概要のみを選択すると、読者は続きを読むためにウェブブラウザーであなたのブログにアクセスする必要がでてきます。
ブログのテンプレートには、Auto-discoveryコードが埋め込まれています。もしお使いのニュースリーダーがAuto-dicoveryに対応してるなら、自動的にFeedリンクが取得されるでしょう。


  • RSS

    ブログの URL 後に index.rdf をつけたものになります。

    例えば、ブログの URL が
    http://example.cocolog-nifty.com/blog/ なら、
    RSS Feed の URL は
    http://example.cocolog-nifty.com/blog/index.rdf となります。
    ブログの URL はココログ管理画面のブログ一覧で表示される URL です。

    RSS Feedのリンクは 「デザイン>コンテンツ」を参考にして【デザイン】タブの連携リンクを選択して表示することができます。このリンクはお使いのニュースリーダーにドラッグ&ドロップして設定することもできます。


  • Atom(開発者向け情報)

    ブログの URL 後に atom.xml をつけたものになります。
    例えば、ブログの URL が
    http://example.cocolog-nifty.com/blog/ なら、
    Atom Feed の URL は
    http://example.cocolog-nifty.com/blog/atom.xml となります。
    ブログの URL はココログ管理画面のブログ一覧で表示される URL です。

    ココログでは、Atom Feed、Atom APIにも対応しています。
    Atom Feedについての情報は、AtomEnabled(英語) をご覧ください。

ココログとアグリゲーターについて

アグリゲーターまたはニュースりーダーとは、ブログやニュースサイトからのFeed情報を購読することができる様々なタイプ(パソコン上、ウェブサービス、プラグイン)のソフトです(aggregateは、集める、結合するの意)。通常、これらのソフトは設定した購読対象のウェブサイトが更新されたかどうか調べ、最新の記事を読むことができます。アグリゲーターは、ブログの更新をあなたの代わりに調べ、更新を知らせてくれるすばらしい方法です。

ココログナビのリンク集では、ブログの講読に欠かせないRSSリーダーの紹介もしています。

ぜひ自分のお気に入りRSSリーダーを見つけてください。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

ライターを招待する

(この機能は、ココログプロのみ利用可能です)

自分のブログに友達や家族をゲストライターとして招待することができます。もし招待したい相手がココログのアカウントを持っていない場合は、ゲストアカウント(無料)として登録する必要があります。
参考:ゲストアカウントってなに?

ゲストライターは、ライターまたは準ライターとしてブログに記事を投稿できます:

準ライター
準ライターは下書きとして記事を投稿できます。投稿された記事はオーナーが確認をしたあとに公開されます。準ライターは自分が作成した記事のみを編集・削除できます。
準ライターはブログに写真のアップロードをすることはできません。

ライター
ライターは、オーナーの確認を受けることなく記事を下書きとして保存したり、公開することができます。ライターは自分が作成した記事のみを編集・削除できます。

ライターを招待する
自分のブログに他のライターを招待するには、管理メニューのブログから、招待したいブログの「設定の変更」リンクをクリックして【設定】タブから「ライター設定」をクリックしてください。

「新規ライターをあなたのブログに招待する」の入力エリアに、招待したい人の名前とメールアドレスを入力し、アクセス権限をプルダウンメニューから選んでください。「招待状を送る」ボタンをクリックすれば完了です。

招待状のメッセージ

招待状のメッセージを自分で入力するか、次の既定値のメッセージを使うことができます:

「わたしのブログ「(あなたのブログの名前)」にゲストライターとして参加してくださいませんか?このメールにある説明どおりに簡単な登録を済ませれば、すぐに投稿を始めていただけます。」

ゲストライターはメールで招待状を受け取ります。彼らが登録を完了するまでは「現在招待してきるライター」の「状態」は「回答待ち」になっています。このリストから招待を取り消すこともできます。

ライターの管理
「現在登録されているライター」の下にライターの一覧とそのアクセス権限が設定されます。ここでは、ライターのアクセス権限を変更したり、ゴミ箱アイコンゴミ箱アイコンをクリックしてライター登録を削除することができます。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

もしブログへの招待を受けたら

他のブログから招待を受けると、そのブログのオーナーから招待状(メール)が届きます。このメールには招待を受けるための「ココログのライターになりませんか?」ページへの特別なリンクが書かれています。

そのページでは、招待を受けることも断ることもできます。すでにココログのアカウントをお持ちで招待を受けるのならば、ログイン情報を入力して「ゲストライターになる」ボタンをクリックしてください。招待を断るならば、「招待を断る」ボタンをクリックして、必要ならばメッセージを招待してくれたブログのオーナーに送ることができます。

「招待を受けたいが、まだココログのアカウントを持っていない」という場合は、まず「ゲストアカウント取得」ボタンをクリックしてゲストアカウント(無料)を取得しなければなりません。ここでココログにログインするためのユーザー名とパスワードを決めてアカウントを登録してください。情報をすべて入力し、登録が完了したら次のステップに進みます。
登録の完了後、「ゲストライターになる」ボタンをクリックして招待を受け付けることができます。その後、自動的に管理画面の「ブログ」へ進みます。また、アカウント登録後に登録完了のメッセージがメールで送られてきます。

次回からココログの管理画面にアクセスするには、ココログホームページから先ほど登録したユーザー名とパスワードを使ってログインしてください:
https://app.cocolog-nifty.com/t/app

参考:ブログに記事を投稿する, プロフィールページをカスタマイズする , ココログパスワードを変更する ,ゲストアカウントってなに?

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

記事の表示の設定をする

ブログの記事の表示に関する設定ができます。

管理画面のブログから設定したいブログの「設定の変更」リンクをクリックしてください。次に【設定】タブから「表示設定」をクリックしてください。

記事の表示設定を変更した後、「変更を保存」ボタンをクリックしてください。変更を反映するには、保存後に表示される「サイトに反映」ボタンをクリックしてください:

トップページに表示される記事の数

ブログのトップページに表示する記事の数を選択してください。
表示する件数を「何件」か「何日」かを選択できます。もし「何日」を選択すると、ブログのトップページには指定された過去の日数までの記事が表示されます。
「何件」選択すると、どれだけの日数が経っているかに関係なく、過去の記事が指定された数だけ表示されます。

記事の並べ方
記事を表示する順番を設定してください。古いものをいちばん上にして時系列に並べるか(古いものが上)新しいものがつねに上に来るように逆順で並べるか(新しいものが上)の2つの方法から選べます。

日付の書式
記事の投稿日を表示する書式をプルダウンメニューから選択してください。

時刻の書式
記事の投稿時刻を表示する書式をプルダウンメニューから選択してください。

日時を表示する言語
記事の投稿日時を表示する言語をプルダウンメニューから選択してください。

テキストフォーマットの初期設定
新しく記事を作成する際に、あらかじめ選択されるテキストフォーマットをプルダウンメニューから選択してください。
「なし」を選択した場合は、改行をするときにHTMLタグを入力する必要があります。

概要の文字数

サイトの連携設定が有効になっていて、かつ概要のみを表示する設定になっている場合に、新規投稿から自動的に生成される概要の文字数を設定してください。

投稿状態の初期設定
新しく記事を作成する際に、あらかじめ設定されている投稿の状態を選択してください。

通常は初期の設定でたいていのブログで動作に問題がない設定になっています。もし特に編集する必要性がない場合は、どの値も変更する必要はありません。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

コメントのオプション設定を設定する

ここではコメント機能の初期設定を指定できます。

管理画面の「ブログ」から、設定したいブログの「設定の変更」リンクをクリックして、【設定】タブの「表示設定」をクリックしてください。

コメントのオプション設定では、新規記事の投稿で、「コメントを許可する」設定に初期値を設定することができます。また、新規のコメントが記事に寄せられたときにメールでの通知を有効/無効を切り替えることができます。もちろん、コメントの表示の仕方も設定することができます:

コメント受付の初期設定
新しく記事を作成する際に、あらかじめ選択されているコメント受付の状態をプルダウンメニューから設定してください。

コメントの並べ方
寄せられたコメントを古いものから順番に表示するか(古いものが上)、新しいものから逆順で表示するかをプルダウンメニューから選択してください。

コメントのテキストフォーマット
新しくコメントを作成する際に、あらかじめ選択されているテキストフォーマットをプルダウンメニューから設定してください。「なし」を選択した場合は、改行をするときに、HTMLタグを入力する必要があります。

匿名でのコメント投稿を許可する

サイトの訪問者が、匿名で(名前やメールアドレスを入力せずに)コメントを投稿するのを認める場合はチェックボックスをオンにしてください。

新規コメントをメールで通知する
新しいコメントが寄せられたときに、メールであなたに通知する場合はチェックボックスをオンにしてください。
※ココログプロで、複数ライターがいる場合でも、コメントの通知先は1箇所のみしか設定できません。

コメントでのHTML使用を許可する
コメント入力フィールドでのHTMLタグの使用を認める場合はチェックボックスをオンに。オフに設定すると、入力されたHTMLタグは自動的に削除されます。詳しくは「コメントでHTMLタグを使えるようにするには?」を参照してください。

URLを自動リンクする
チェックボックスをオンにすると、フィールドに入力されたURL を自動的にリンクとして表示します(「コメントでのHTML 使用を許可する」をオンにしている場合は、ここでの設定は無視されます)。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

トラックバックのオプションを設定する

ここではトラックバックの初期設定を指定します。
参考:トラックバックってなに?

管理画面の「ブログ」から、設定したいブログの「設定の変更」をクリックしてください。その次に【設定】タブから「表示設定」をクリックしてください。

トラックバックのオプション設定では、「トラックバックを許可する」に初期設定にすることができます。また、トラックバックが寄せられた際にメールでの通知の有効/無効を切り替えることができます:

標準でトラックバックを受け付ける
受けつける設定にすると、誰かが自分のブログであなたの記事に関する投稿をしたときに、その旨あなたのサイトに自動的に通知することができます。

新規トラックバックをメールで通知する
新しいトラックバックが届いたときにあなたのメールアドレス宛にお知らせメールを送信する場合は、チェックボックスをオンにしてください。
※ココログプロで、複数ライターがいる場合でも、トラックバックの通知先は1箇所のみしか設定できません。

2004 02 23 [ブログ─設定] | 固定リンク

ココログナビトップの「新着記事一覧」(ココフラッシュ)に載るには?

管理画面の「ブログ」タブの「設定」タブにある「公開用設定」の「更新通知設定」が関係しています。
「はい」に設定していると、新しく記事を保存したタイミングで「新着記事一覧」に表示されます。
「いいえ」に設定されていると、「新着記事一覧」には掲載されません。
なおブログに「パスワード保護」を設定している場合も「新着記事一覧」には表示されません。

「新規記事を作成」画面で記事を新しく書いて、初めて「保存」をクリックしたタイミングで自動的にココログナビのトップページの「新着記事一覧」(「ココフラッシュ」)に掲載されます。
ただしこのとき、記事の状態が「今すぐ公開」以外の、「下書き」もしくは「公開日時を設定」に設定されていると記事は公開されないので、結果的に「新着記事一覧」には掲載されません。
最初に保存した時の記事の状態が「下書き」もしくは「公開日時を設定」で、その後記事の状態を「今すぐ公開」にした場合、最初に保存した時から経過した時間によって「新着記事一覧」に掲載されない可能性があります。

参考:ブログの公開用設定

2004 03 03 [ブログ─設定] | 固定リンク

自分のブログを多くの人に手軽に読んでもらうには?(連携設定)

(通常のブラウザーではなく)更新されたブログを読むための、ニュースリーダーやアグリゲータと呼ばれる専用ツールがあります。これらのツールは、さまざまなブログの更新情報を大量にチェックをするのに便利です。このソフトを使ってブログを読む方も大勢います。そんな方にあなたのサイトを読んでもらうためには、サイトの「連携設定」をオンにしましょう。連携設定(「RSS設定」とも言います)をオンにする際、ニュースリーダーなどでブログを読むためのFeedというファイルに、記事の全文を載せるか、概要だけにするのかを選ぶことができます。

連携設定を変更するには:


  1. 管理画面上方にある【ブログ】タブをクリック

  2. 連携設定を変更したいブログの横にある「設定の変更」リンクをクリック

  3. 【設定】タブの下にある「公開用設定」をクリック

  4. 「ブログの記事の連携設定をオンにしますか?」の選択肢から、好みに合ったものを選択

    • 「概要のみ連携する」を選択した場合
      ニュースリーダーなどで記事は「概要」として表示されます。「概要として表示する文字数」は、「表示設定」で設定できます。また、改行などは無視されます。

    • 「記事の全文を連携する」を選択した場合
      ニュースリーダーで、改行やHTMLタグなどが有効なまま、Webページで表示した時と同じように全文を読むことができます。



  5. 「変更を保存」ボタンを押して設定完了
    記事の更新ごとに選択した内容で「feed」と呼ばれるファイルが自動生成され、ニュースリーダーやアグリゲータと呼ばれる専用ツールで読めるようになります。

2004 03 03 [ブログ─設定] | 固定リンク

読者を増やすには?(更新状況の通知)

ブログの読者を増やしたいなら、更新のたびに多くの人の目に触れるように宣伝するとよいでしょう。ココログがあなたに代わって自動的にcocolog ping serverやweblogs.comなどのブログ情報サイトに更新状況のアップデートを通知します(これを「pingを打つ」といいます)。アップデートの通知を行うと、新しい記事を投稿するとほぼ同時に、これらのサービスの最新記事一覧にあなたのサイトへのリンクが掲載されます(cocolog ping serverの設定とは関係なく、ココログナビのトップページの「新着記事一覧」には記事が掲載されます)。

cocolog ping serverやweblogs.comに更新通知を行うには:


  1. 管理画面上方にある【ブログ】タブをクリック

  2. 更新を通知したいブログの横にある「設定の変更」リンクをクリック

  3. 【設定】タブの下にある「公開用設定」をクリック

  4. 「pingサーバーにこのブログの更新状況を通知しますか?」の下にある選択肢からサービスを選択

  5. 「変更を保存」ボタンをクリック
    次回以降、ブログに新規記事を投稿する際に、上で選択したサービスに自動的に更新を通知します。

2004 03 03 [ブログ─設定] | 固定リンク

利用しないカテゴリーを非表示にするには?

新しく作成したブログには、すぐに利用できるようにあらかじめ標準的なカテゴリーをひと揃い用意してあります。これらのカテゴリーは、新規記事作成画面のプルダウンメニュー「カテゴリー」に表示されます。このメニューから利用しないものを非表示にしたいときは、以下のステップにそってください。


  1. 管理画面上方にある【ブログ】タブをクリック

  2. 利用しないカテゴリーを非表示にしたいブログの横にある「設定の変更」リンクをクリック

  3. 【設定】タブの下にある「カテゴリー設定」リンクをクリック

  4. 「標準的なカテゴリー」のリストから、記事作成・編集画面のプルダウンメニューに表示したくないものを選び、その横の「有効にする」チェックボックスをオフに

  5. 「変更を保存」ボタンを押す
    そのカテゴリーはプルダウンメニューに表示されなくなります。


そのカテゴリーをまた表示したくなったときは、同じ画面で「有効にする」チェックボックスをオンにしてください。

2004 03 03 [ブログ─設定] | 固定リンク

カテゴリーを追加するには?

新しく作成したブログには、すぐにご利用できるようにあらかじめ標準的なカテゴリーをひと揃い用意しています。これらのカテゴリーは新規記事作成画面のプルダウンメニュー「カテゴリー」に表示されます。標準カテゴリーの中に自分の書きたいテーマにあてはまるものが見つからない場合は、以下のステップに沿って新しくカスタムカテゴリーを追加すると、記事の作成・編集画面のメニューにも表示されるようになります。

自分のブログに新規カスタムカテゴリーを作るには:


  1. 管理画面上方にある【ブログ】タブをクリック

  2. 利用しないカテゴリーを非表示にしたいブログの横にある「設定の変更」リンクをクリック

  3. 【設定】タブの下にある「カテゴリー設定」リンクをクリック

  4. 画面左下の「新規カテゴリー」の下にある入力欄に、新しく追加したいカテゴリー名を入力

  5. 「変更を保存」ボタンを押す
    以降、記事の作成・編集画面で新しいカテゴリーを選択できるようになります。

※初期の段階では、カテゴリーの設定画面に表示される入力欄は、6つまでです。しかし、カテゴリーはそれ以上、設定することが可能です。

追加したカスタムカテゴリーを削除したいときは、そのカテゴリー名の右に表示されている「削除」のチェックボックスをオンにして「削除」をクリックしてください。

以上のステップを踏まなくても、近道のやり方として、記事の作成・編集画面から直接カテゴリーを追加することもできます。


  1. 記事の作成・編集画面でカテゴリーを選択するプルダウンメニューから「新規カテゴリーを追加...」を選択

  2. 新しいカテゴリー名を入力

  3. 「追加」ボタンを押す
    新規カテゴリーの設定を保存し、その記事が同カテゴリーに指定されます。

2004 03 03 [ブログ─設定] | 固定リンク

コメントでHTMLタグを使えるようにするには?

次のとおり、「コメントでのHTML使用を許可する」をオンに設定すると、コメントにHTMLタグを使えるようになります。
オフに設定すると、それまでに入力されたコメントのHTMLタグは自動的に削除されますのでご注意ください。

  1. 管理画面トップの【ブログ】タブをクリック

  2. ブログ一覧の中から、コメントにHTMLタグを使えるようにしたいブログの横にある便利メニューの「設定の変更」をクリック

  3. 【設定】タブの下ある「表示設定編集 」リンク

  4. コメントのオプション設定で、「コメントでのHTML使用を許可する」にチェックを入れて、「変更を保存」ボタンをクリック

以上でコメントにHTMLタグを使用することができるようになります。

コメントで使用できるHTMLタグは、次のとおりです。

・リンク <a href=""> </a>
・ボールド <b> </b>
・イタリック <i> </i>
・改行 <br />
・最強調 <strong> </strong>
・強調 <em> </em>
・リスト <ul type="disc">
     <li> </li>
     </ul>
  ※「disc」のほか「square」「circle」や番号つきリストもご利用いただけます。
・段落 <p> </p>
・番号付きリスト <ol> </ol>
・引用 <blockquote> </blockquote>
・整形済みテキスト <pre> </pre>

2004 03 03 [ブログ─設定] | 固定リンク

記事へのコメントができない。

ココログの「コメント」「トラックバック」をクリックしても、入力フォームが表示されない場合は、バックナンバーを個別表示しない設定になっている可能性があります。次の通り、バックナンバーの設定をしてみてください。


  1. 管理画面トップで、【ブログ】をクリック

  2. 「ブログ一覧」の中から、入力欄が表示されないブログの、「設定の変更」をクリック

  3. 「バックナンバー設定」をクリック

  4. バックナンバー形式選択画面で「個別」のチェックボックスにチェックを入れ、「変更を保存」ボタンをクリック

  5. すぐにサイトに反映させる場合は、続けて「サイトに反映」ボタンをクリック

  6. 反映したいファイルで「全てのファイル」を選択し、「反映」ボタンをクリック

2004 03 03 [ブログ─設定] | 固定リンク

ココログpingサーバって何?

ブログの更新情報を集め、まとめて提供しているサーバーです。ココログユーザーのサイトはもちろん、ココログPingサーバに更新情報を通知している、ココログ以外のサイトの更新情報を閲覧できます

2004 03 03 [ブログ─設定] | 固定リンク

固定リンク先のページが作成されない

ブログのバックナンバー設定で、「カテゴリー」にのみチェックを入れている場合、カテゴリーを設定していない記事の固定リンクのページが作成されません。次のどちらかの方法で、固定リンクのページを作成することができます。

  • 「ブログ」タブの[設定]の[バックナンバー設定] で「カテゴリー」のほかの項目(「個別」など)にもチェックを入れる。
  • 全ての記事にカテゴリーを設定する。

2004 04 15 [ブログ─設定] | 固定リンク

カテゴリーページに表示されない個別ページがある

ココログでは、カテゴリー名に半角と全角が混在しているとき、半角部分が同じカテゴリーの URL が同じになります。これはカテゴリーフォルダの URLをわかりやすくし、SEO 効果を高めるためです。

【例】
「犬diary」というカテゴリーを作成すると、サイドバーに表示されるカテゴリーリンクの「犬diary」のページの URLは、

http://****.cocolog-nifty.com/blog/diary/

というものになります。
カテゴリー名「犬diary」の半角の部分「diary」が反映されるからです。
 
次に「猫diary」というカテゴリーを作成すると、カテゴリー名「猫diary」の
半角の部分「diary」が反映され、サイドバーのカテゴリーリンクのURLは「犬diary」のものと同じ

http://****.cocolog-nifty.com/blog/diary/

になります。
 
つまり、カテゴリーリンクの「犬diary」「猫diary」どちらをクリックしてもリンク先は同じ、http://****.cocolog-nifty.com/blog/diary/ になります。そして、http://****.cocolog-nifty.com/blog/diary/ に表示されるのは、後に設定したカテゴリーの記事のみとなります。

この例では、カテゴリーリンクの「犬diary」をクリックしても、リンク先のカテゴリーページ http://****.cocolog-nifty.com/blog/diary/ には、カテゴリーを「猫diary」に設定したものしか表示されず、「犬diary」の記事を集めたカテゴリーページをつくることができません。

この現象をさけるためには、次の解決策があります。


  • 別々のカテゴリー名では、同じ半角部分を使用しないようにする。


    ×「犬diary」「猫diary」

    ○「dogdiary」「catdiary」

    ○「犬日記」「猫日記」


  •  

    2004 06 21 [ブログ─設定] | 固定リンク