« 記事を読み込む(インポート) | トップページ | トラックバックを許可する »

トラックバックってなに?

トラックバックは、ウェブサイト間でのリンクの告知の方法のひとつです。
トラックバックを使うと、AさんはBさんが書いた記事に対して「私(Aさん)はあなた(Bさん)の書いた記事に何らかの興味を持ちました」ということを、Aさんが記事を投稿するタイミングでBさんに告知できます。

これを「AさんがBさんにトラックバックを送る」と言います。

また、トラックバックを送られたBさんの記事には、Aさんの記事の概要とAさんの記事へのリンクが作成されます。
これにより、Bさん自身とBさんの記事を読んだ読者は、その記事への意見も同時に知ることができるようになります。
このようにトラックバックが活用されると、ブログの間でスムーズな意見交換ができるようになるのです。

トラックバックの歴史

2002年8月、トラックバックはオープンな仕様として公開されました。それはプロトコルとして公開されると、同じくMovable Type2.2の機能として公開されました。これがトラックバックの初めての実装になりました。
多くのサイトがトラックバックを支持することで、初めてトラックバックの考え方の本当の価値が出てくるため、トラックバックはつねにオープンシステムとして設計されてきました。それにより他のブログにも容易に実装することができたのです。
こうしてトラックバックは、今日のブログの特長のひとつになりました。

参考:トラックバック練習ページ「トラックバック野郎

2004 02 23 [ブログ─記事の作成] | 固定リンク